段ボールを運ぶ女性

注目される遺品整理のお仕事とは?資格や給料などの情報をご紹介!

遺品整理の仕事に向いている人とは?

段ボールを掲げる人

遺品整理士の資格取得には職務経歴を問われることはありません。低予算で設備投資もそれほどかからないため、誰でも始められる仕事ですが、よっぽどでないと続かない業務である遺品整理という仕事。この仕事に向いている人は、どのような人なのかをお話したいと思います。
向き不向きという話で片づけられる職種ではないのですが、一般論からいうとハウスクリーニング、産業廃棄物処理業、リサイクル業務などに従事していたことのある人です。いわゆる経験者という事です。力仕事にも慣れていて、汚いという事にもなれている。こういえば不謹慎にも聞こえますが、向いている人と定義した場合は、上記の経験は当てはまります。
しかし、遺品整理に向いている人は、人という者を理解した上で敬意を払える人、またはそのことをする大義の裏付け持つ人といったほうが良いかと思います。
結果的に終の棲家となってしまった場所である人が死んだという現場に行き、片づけるという行為をするのですから、強い精神力としっかりとした目的意識のある人でなければ、続けるのは難しいかと思います。お金のためでも良いのですが、「お金のためだけ」という方は向いていないとも考えられます。
体力、気力はもちろん、強い目的意識と遺品整理をするという仕事を選んだ自分も理解し、受け入れることが重要な事なのです。

オススメコンテンツ

  • 遺品整理の仕事に向いている人とは?

    遺品整理士の資格取得には職務経歴を問われることはありません。低予算で設備投資もそれほどかからないため、誰でも始められる仕事ですが、よっぽどでないと続かない業務である遺品整理という仕事。こ…

    段ボールを掲げる人

    続きを読む

  • 遺品整理会社に採用されやすい条件

    高齢化社会を迎えた現在の日本は、遺品整理のニーズが高まっています。大切な故人の思いが詰まった品々を代行して作業する高い責任能力が求められる仕事になります。そのような仕事に興味を持っている…

    指をさす女性

    続きを読む

TOP